リプロスキンを使用した乾燥肌対策の方法についてチェック

リプロスキンを使用した乾燥肌対策の方法についてチェック

角質層には天然保湿因子やセラミドなどの保湿成分が存在し、これが肌のうるおいを保ってくれています。
過剰な洗顔などさまざまな理由でこの保湿成分が減少すると、カサついたり粉をふく乾燥肌になります。
ニキビ跡を予防してくれるリプロスキンは、乾燥肌対策にもぴったりです。

 

リプロスキンは、独自の浸透技術で肌に有効な成分を角質層までしっかり届け、柔軟性を高めてくれる化粧水です。
プラセンタエキスやトリペプチド、大豆エキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどの美容成分が肌の奥まで届けられるので効果も十分に発揮されます。
保湿作用や細胞を活性化する成分が届けられるので、バリア機能が低下した乾燥肌にもうるおいが戻ってきます。
リプロスキンは成分の浸透性を高めるブースター化粧水なので、その後に使用する美容液などのスキンケア化粧品の浸透性も高めてくれる効果もあります。
セラミドなどの保湿成分が含まれた美容液などをリプロスキンの後に使用すれば、さらに効果も高まるでしょう。
またリプロスキンには油分が含まれていないので、リプロスキンや美容液の後には油分の入った乳液やクリームで成分を閉じ込めて下さい。

 

リプロスキンで乾燥肌対策をするなら、ブースター効果を狙いセラミド入りの美容液なども併用すると良いでしょう。
乳液やクリームで仕上げをすれば乾燥肌対策もばっちりです。